おとめきたいっ。〇**

おとめ×きらめき=おとめき*☆をキャッチフレーズに、万華が乙女ゲームの感想などなどを語ります♪

7'scarlet ヒノ感想 ネタバレなし・あり

皆さんこんばんは~!!勤務されている方はお仕事、学生さんはお勉強、今日もお疲れ様でございます(*´ω`*)。☆彡


一日あけての更新になります(*'ω'*)!その間も遊びに来てくれていた方がいたようで…!!とっても嬉しいです(*ノωノ)少しでも楽しんでいただけていたらと思います!有難うございます!!



それでは早速!!ヒノ君ルートの感想に行ってみたいと思います!
ネタバレありの感想は下にスクロールしていただけたら見れます。ただ、ミステリーを題材にしている乙女ゲームですので、まだプレイしてないよ~!って方はネタバレなしの感想を推奨させていただきます(;´・ω・)楽しさが減ってしまう恐れがあるためです!


最初はネタバレなしから行ってまいりましょう!




※「7'scarlet」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびトイボックス株式会社に帰属します。



〈ネタバレなし〉


ヒノ君ルートをプレイし終えた今、私なりに二人の恋を一言で表すとしたら、“大切な人を守るためにがむしゃらになる恋”です。
二人は物語の初めから、恋仲にはなっていない中でもそれぞれ別の形で互いを大切な幼馴染みとして認識しています。
奥音里へ来て周りで奇妙なことが起こり始め、不安を隠せないでいる主人公にとって一番信頼できる相手がヒノ。また、そんな主人公のことを昔から大切に想っているヒノ。二人は一緒の時間を過ごすうちに、子どもの頃とは違う、一人の異性として改めて互いの存在を意識し始めます。
ヒノ君ルートをプレイしてまず、現実にこういう幼馴染ならいそう!って思うくらい、等身大のリアルな男子大学生だなと感じました!だからこそ恋愛家庭もよりリアルっぽさがあっていじらしくもドキドキしました( *´艸`)あ、奥音里で起こっていることは非現実的ですけどね!!笑
しかも!!私的な見解なのですが、、乙女ゲームに登場する主人公の幼馴染みポジションの攻略対象って、主人公に甘々~♡なタイプが多くないですか?そんな幼馴染みがいたらとっても素敵ですが、なかなか現実にはいないよな~(;O;)ってなりませんでしょうか?
その点、ヒノ君はリアルな幼馴染みの距離感というか…!だから余計に二人の関係が進歩すると、本当にキュン♡(ノД`)・゜・。とくるんですよお…(*ノωノ)


徐々に事件に巻き込まれていく二人ですが、ヒノ君の素敵なところは何といってもさりげない気遣いができる優しさですかね!半分こしたはずの食べものを『美味しそうに食べてるからぜんぶやるよ』と言ってくれたり、二人で泳ぐシーンでは泳ぐことが苦手な主人公をさりげなく支えてくれたり…それをなんの下心もなく爽やかにしちゃう辺り、イケメンですよねえ(*´ω`*)
また彼は、可愛いキャラ集めが好きという隠れ趣味があるのですが、そのことに関してちょくちょく面白エピソードもあり、何だこの人可愛いな!!ってキュンキュンしちゃいました!笑
ヒノ君ルートを終えて、謎がさらに深まった…という感じでした!これからその謎がどうなるか気になって仕方ないので、どんどん進めてまいりたいと思います!!










↓以下はネタバレあり感想になります!ネタバレいやだ~!!という方はスクロールしないようにお願いいたします<(_ _*)>


























〈ネタバレあり〉



主人公が好きであるからこそ、危険なことから彼女を守ろうとするんだな…!とばかり思っていたため、過去の事件を知った時は本当に驚きました……!!!
その過去の事件というのは、ヒノ君たちが幼い頃に、ヒノ君が主人公を当時小学校で話題だった幽霊屋敷に連れて行ったときにおこりました。
なぜ連れて行ったのかというと、主人公の笑顔に一目惚れした彼は、なんとか主人公と仲良くなりたかったのですが、肝心の主人公は人見知りで、しかもお兄ちゃんだけにしか笑顔を見せないばかりか、兄以外には心を許していなかったのです。
そこでヒノ君は、どうにか自分にも心を許して笑顔を見せてほしいと思い、幽霊屋敷へ連れて行けばきっと自分を頼りにしてくれるんじゃないかと、幼心に考えたのです!
しかし、その幽霊屋敷で待っていたのは当時メディアで報道されていた、凶悪な連続殺人犯。ヒノ君は主人公を人質にされ、その殺人犯に『俺を銃で撃ってみろ!』と銃を足元に投げられ、脅されてしまいます。しかしまだヒノ君は小学生です。守らなきゃ!と思う反面、恐怖で手が震えてしまいます。撃てずに泣いていたとき、そこに主人公のお兄ちゃんが現れます!代わりに犯人を仕留め、その場は事なきを得ます。
しかし、それがヒノ君にとって最大のトラウマになってしまうんですよね…。今回のヒノ君のルートではそのトラウマがネックになってくるところでした…!!
その分、大好きな主人公のために、トラウマを乗り越えたときのヒノ君はとっても男前でした!!
しかしあの屍者はやり口が卑劣というかなんというか…狂ってしまっていますよね(;゚Д゚)
公式の挿入歌のムービーには攻略対象がババババン!!と出た後に、“この中に屍者がいる”的なことが書かれてあったのですが…信じがたいです……。あんなに狂気的な一面を持っている人がいると思うと、Vitaを握りしめる手が恐怖で震えてしまいます:;(∩´﹏`∩);:なんかもうサブキャラ含めて、皆疑わしく感じてしまったり…笑
烏丸さんはだれか大切な人を失った過去があるみたいですし、一番最初に疑ってしまってごめんなさい…<m(__)m>泣






まだまだ書きたいことがたくさんあるのですがやることが残っているため、今日はこれにてドロンします(´;ω;`)
それではでは!また次の更新でお会いしましょう(*´ω`)











×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。